読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまなしセルフビルド日記

古民家を改修して住まいとアトリエを手に入れるまでの記録

このブログで書きたいこと5

はじめまして

都内在住、テキスタイルの仕事をしています女です。

住まいについて書きたくてブログをはじめます。どうぞよろしくおねがいします。

 

去年のちょうどいまごろ、彫刻家の彼氏がアトリエにすると言って山梨県にある古民家を購入してきました。

その時は何年か先にはそちらに住むことになるかな、くらいの気持ちでおりましたが

新たな出会いと新たな働き方で挑戦してみたく思い、来年4月に私も拠点を山梨県に移すことになりました。

 

これまで私は大学進学で上京してから5回の引っ越しを経験しましたが

理想の住居を思い描いても毎度打ちのめされる賃貸住宅のしばり...!

部屋への執着というかおしゃれな住まいへのあこがれが強かったので、東京R不動産や米軍ハウス暮らしの方の本を見てはいつの日にか私も...と情熱を燃やしていました。

海外のアンティークドアノブとかつけたい/バスタブは猫足のやつで/フローリングをいい感じに使い古された足場板に張り替えて!!とか。

家具もタンスやら椅子やらランプシェードやらetc...骨董市、アンティークショップを巡って良い品に出会うと、何がなんでも部屋に置きたい!

の欲求が強かったように思います。

 

去年の引っ越しで武蔵野市から世田谷区に移ってからは、交通の便を考えたらそれ以上は望むものはないや。と あきらめというか悟りのような、、

私の収入ではどうすることもできないのだ。ということにようやく気がつき

少しでも気に入ったポイントがあった家なのだから、と自分を納得させ無理矢理順応させてきたようなところがありました。

 

f:id:havana0620:20161025000955j:plain

 昔ながらの農家の住居といった佇まいが、東北の農村生まれの私には何とも郷愁を誘う風貌で好感が持てたのです

 

 

とはいえかなり傷んでいる(壁は一部崩れて外が見渡せたり、茅葺き屋根のDNAを引き継いだ屋根もところにより青空が見える)

し、ベースが昔ながらの農家の家なので頭で考えているようなおしゃれハウスにこぎ着けられるかは不明ですが

快適な暮らしができるよう、薄らいでいた すてきな家に住みたい野心に再び火を灯し、邁進しようと思います。

そしてせっかくなので記録したいとも思います。

 

  1. befor afterの記録
  2. セルフでできる可能性
  3. 縁もゆかりもない土地での暮らし
  4. 敷地を自由に使えるので、菜園づくりなど
  5. 快適な暮らしの実践

 

こんなことについてちょぼちょぼ書いていこうと思います。

 

気長にやっていくので、ペースはじわりじわりですが

おつきあいいただけたら嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました。