読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまなしセルフビルド日記

古民家を改修して住まいとアトリエを手に入れるまでの記録

キッチンをお風呂にする④

お風呂の水道管を必要な長さに合わせて調節します。

道管は、ハンダ付け溶接で問題なく接続できたよう。お風呂なので鉛を含まないハンダをセレクトして、無事完成。水漏れの心配も今のところないとのこと。

 

f:id:havana0620:20161215235922j:image

f:id:havana0620:20161216001241j:image

f:id:havana0620:20161216000327j:image

 

 

キッチンをお風呂にする③

f:id:havana0620:20161210233346j:image

バスタブをこんな配置で。

お風呂の床からまず設置をするところです、

f:id:havana0620:20161210233508j:image

ユニットバスの寸法に合わせて、床を今の高さより低い位置にする必要があるので、床は切り取ってあります(!)

重いものを吊り上げる、チェーンブロックというアイテムを駆使して水平に設置できる箇所を探っていきます。

本格的に工事現場感がただよいます。

 

 

 

ところかわって、キッチン外側の壁

お風呂の要、水道との連結.ガスとの接続など、高いスキルが要求される箇所。

配管工事もセルフでやります!ということで水道管を埋める溝?をほっています。

 凍結を防止したいので、なるべく地中深く。

 

f:id:havana0620:20161210233433j:image

f:id:havana0620:20161215235716j:image

f:id:havana0620:20161215235811j:image

キッチンをお風呂にする②

f:id:havana0620:20161207232132j:image

もともとついていたシンクを取り払い、すっからかんにした状態。

ここに、ユニットバスをはめ込みたい計画です。できるのだろうか…途方も無い感じが否めない。

ユニットバスをどうやって確保するかと言うと、住宅展示場やショールームで使われて後に不要になったものがオークションに出品されているんですね、そこで私たちもヤフオク!を活用して¥70,000前後でユニットバスを購入しました。

f:id:havana0620:20161207233606j:image

解体された状態のユニットバスなので、バスタブやパネル式の壁やらパーツがたくさん。今家のメインスペースを占領しているのは、ほとんどお風呂関係のものといっても過言ではない状態で、お風呂の設置が急務だなあと感じておるこのごろ、。

 

f:id:havana0620:20161207234148j:image

こんな位置にお風呂を設置できるのだろか?

みなさん見守ってくださいませ。

 

 

 

 

キッチンをお風呂にする①

f:id:havana0620:20161203092509j:image

こちらキッチンのエリア。

ここをお風呂に改築します!

全て取っ払ってまずがらんどうにするところから、、作り付けの食器棚も容赦なく解体していきます。

f:id:havana0620:20161203092939j:image

f:id:havana0620:20161204092144j:image

庭に放り出し、ハンマーで叩いて壊す。

なかなか日常ではできないエキサイトする体験でした〜

 

 

 

 

床をはる2

f:id:havana0620:20161116223106j:image

壁面と展示は経過の写真を残して無かったので、引き続き床はりの様子。

防水シートを板張りの上に隙間なく貼り、タッカーで止めます。

その上から巾木を打ち付けて固定

f:id:havana0620:20161116223516j:image

さらに巾木の間に断熱材を敷き詰めていき、ようやくこれでフローリング板をはる前の準備段階が完了しました。

これを仕上げたときは夏の盛りで、壁に埋める用の断熱材(ふわふわしたやつ)を↑の状態に敷いて、2人で室内キャンプをしたのだった。

 

f:id:havana0620:20161116224144j:image

翌日、完成したフローリング!

 ようやく部屋らしくなってきた!

 

 

床をはる

f:id:havana0620:20161103224318j:image

西向きの部屋は4.5畳ほどの小部屋が2つ連なっていたので、ふすまの仕切りをぶち抜いて一部屋に改造。

f:id:havana0620:20161103224853j:image

断熱材を敷き詰めて様子見。

ここの上から床板を張っていく算段です。 

とりあえず寝泊まりができるようにしたかったので、床を張ってから壁と天井は漆喰で白にしようー。と考えていたのですが、、

プロ目線からのアドバイスで、それは順番が逆!とのこと。

 

先に壁と天井を塗ってからだ!

 

そうしようー

 

 

 

 

テコ入れ前

 

f:id:havana0620:20161027064328j:image

f:id:havana0620:20161027064402j:image

f:id:havana0620:20161027064421j:image

f:id:havana0620:20161027064455j:image

 

f:id:havana0620:20161027064606j:image

f:id:havana0620:20161027064625j:image

f:id:havana0620:20161027064701j:image

何も手をつけていない状態で撮影したところです。

土壁&茅葺のthe農家の家。

広間の畳は取っ払ってあり、広々してるので持ち込んだ組み立て前のユニットバスを放置中。

 

元の持ち主のおじさん曰く、屋根裏は

昔お母さんが内職の養蚕をしていた作業場だったよう。

 

懐かしい桑の葉の香りが、建物内部に染み込んでいます。